はじめてのお葬式 二十歳なりの理解

PR|葬儀のことならフローラルホール|

二十歳になったときまでお葬式というものをほとんど体験したこともありませんでした。

だからまずお葬式をやると言うこと事態に困ってしまいました。

周りの家族や親戚もバタバタでした。

手探りながらもお葬式をどんなものにするかプランとかを決めていました。

後は新聞のお悔やみ欄にものせるものを準備していました。

後は何を着ていくかもわからなくて困ったので周りの人に聞きました。

確かはじめての時は喪服持ってなくてスーツで行きました。

そしていざ始まっても戸惑う事ばかりで疲れてしまいました。

亡くなったのは祖父だった為親戚や知り合いの人の把握ができない事でした。

ほとんど会ったこともない人ばかりでした。

そしてお焼香の仕方だったり、マナーを沢山学びました。

これはやったことがないとわからなかったです。どんな具合で進行するかもわからないので戸惑いました。

そして祖父と15年暮らしていたから同時に凄く悲しかったのを覚えています。

この気持ちも凄く困りました。

はじめての大事な人のお葬式。どういう風に過ごしていいかわかりませんでした。

そのときは従兄弟と遊んで気を紛らわしていました。

最後に大事な人のお葬式には手紙を書くことをオススメします。

自分と大事な人との最後の会話。そして気持ちの整理。

これからの人はお葬式から沢山学べると思います。

PR|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|アフィリエイト相互リンク|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|JALカード|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|童話|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|貯蓄|マッサージのリアル口コミ.com|