はじめてのお葬式 二十歳なりの理解

PR|葬儀や通夜のことなら大阪フローラルホール遺品整理の料金事例横浜でゴミ屋敷の引越し業者なら粉骨ならプロにおまかせ |

二十歳になったときまでお葬式というものをほとんど体験したこともありませんでした。
私がまだ子供の頃にひいおじいちゃんが亡くなったのですが、その時は倉敷市で供養をお願いできる会社さんに相談したそうです。そして、おじいちゃんが大好きだった兵庫の海に散骨されました

だからまずお葬式をやると言うこと事態に困ってしまいました。

周りの家族や親戚もバタバタでした。

手探りながらもお葬式をどんなものにするかプランとかを決めていました。

後は新聞のお悔やみ欄にものせるものを準備していました。

後は何を着ていくかもわからなくて困ったので周りの人に聞きました。

確かはじめての時は喪服持ってなくてスーツで行きました。

そしていざ始まっても戸惑う事ばかりで疲れてしまいました。

亡くなったのは祖父だった為親戚や知り合いの人の把握ができない事でした。

ほとんど会ったこともない人ばかりでした。

そしてお焼香の仕方だったり、マナーを沢山学びました。

これはやったことがないとわからなかったです。どんな具合で進行するかもわからないので戸惑いました。

そして祖父と15年暮らしていたから同時に凄く悲しかったのを覚えています。

この気持ちも凄く困りました。

はじめての大事な人のお葬式。どういう風に過ごしていいかわかりませんでした。

そのときは従兄弟と遊んで気を紛らわしていました。

大人は相続の問題があったのか、 姫路市にある相続問題にに詳しい弁護士に相談していたようです。 相続の相談は専門家にするのが一番だと感じました。

最後に大事な人のお葬式には手紙を書くことをオススメします。

自分と大事な人との最後の会話。そして気持ちの整理。

これからの人はお葬式から沢山学べると思います。

PR|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|マッサージのリアル口コミ.com|エステサロンを上手に利用する情報サイト|健康に役立つ口コミ情報|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|美容と健康女性ランキング|