喪服をつくる習慣は、もう古い?

結婚する時には、喪服を用意して嫁ぎ先にもっていく、といいう習慣が昔からずっとありました。
お葬式は急におこる事ですから、喪服は必ず持っていなければならない、というのが常識だったのです。洋装の喪服を用意している、と言うのは現代でも常識です。
しかし、和装の喪服は、もう必要ないかもしれません。
和装の喪服を持っているのが常識、という世代の方でも、一重の着物は用意していても、暑い盛りに着られる露の喪服や紗の喪服を持っておられない方がほとんどです。
そのような場合には、葬儀社で皆さんレンタルされています。
親族たちの様子を見ておりますと、これでは、喪服の着物を一つも用意していなくても、レンタルすればよいのだ、と合理的に考えました。

実は、わたくしにはもう和装の喪服は用意してあります。しかし、これから用意される方には、レンタルできますから和装の喪服の用意は要らないですよ、とおすすめします。年配の方々も、レンタルが増えています。

PR|城東地区での家族葬の見積もり